<< 神様からの贈り物 | main | 話し言葉・書き言葉 >>

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1学期終了!!

何はともあれ、終わりました。
シラバス半分くらいしか終わらなかった…2学期から挽回せねば!!

1年生が入学してきたのは、新学期から遅れること1ヶ月。
日本のような、入学式はありません。
健康診断やスポーツテストもありません。
制服だって結局のところ、1学期の間に着てきた子は片手で数えるほどでした。
きっちり授業時数を数えるということもないので、オリエンテーションで最初の二日は否応なく潰されました。

私の担当は1年生の家庭科。週に3コマあります。
最初は自分の英語が理解してもらえず、また生徒が質問してくる英語が理解できず、そして臨機応変に答えることができず、うろたえるばかりでした。
1学期を終えてそれがマシになったかと言えば…まだまだ。

生徒に私の発音が笑われたり、
要領を得ない説明に頭上に「?」が溢れていたり、
「チェワ語で説明すれば分かってもらえるのに!!」ともどかしく思ったり。

テストの前の週は復習週間ということで、授業を自習にしてテストを作っている同僚に驚きました。
大体自習にしたって、まじめに勉強している生徒は稀です。皆しゃべっています。
でも誰かが監督に入るでもなく、放置です。
日本では考えられない緩さ。

最後の週にテストをして、2月19日に終了。
再試・追試はなし。欠席すればそれでおしまいです。
残念ながら最後の3日間、健康診断のために首都に上がらないといけなかったので、最後の日に何をしたのかは不明。。。

学期休みの間に、先生は採点・成績つけをして、生徒の自宅に成績表を郵送します。
しかし同僚の話によると、今学期の休みは2週間しかないので、多分発送は来学期に入ってからになるだろうとのこと。
うーん、なんてのんびりしてるんだ。

採点をしていると、問題の英語が読めない生徒、問題の意味を取り違えている生徒がたくさんいる一方で、
私の説明以上のうまい解答をする生徒も。
50点満点で、最高点は42点。平均点は23点。
40%未満は赤点なんですが、ノート点で底上げしても3割は落第。。。しかもテストを受けていない生徒も1割ほど。
なかなかここから引きあげていくのは難しそうです。頑張らねば。

成績をつけていてびっくりしたのは、名簿があるのに全然活用されていないところです。

A組の成績表にB組の生徒のものが混じっていたり、出席番号が存在しないので順番がめちゃくちゃだったり、
見たことのない名前の生徒がいたり。
生徒の名前の綴りも、書くたびに違ったり、苗字が2つあるのが普通なのですが書くたびに違う方を使ったりして、混乱することが多い。。。

そんな波乱の1学期でしたが、とにかく終わって一安心。
2学期からは学区内の他の学校の巡回も始める予定なので、
忙しくなること間違いなしです。


スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • 19:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
昨日は一日チリ地震の津波騒ぎで日本は大変でした。結局たいした津波はきませんでした。3月に入りようやく春らしくなってきました。チェワ語を少しでもマスターせんといかんね。体に気をつけてがんばれ!
  • toto
  • 2010/03/01 8:30 AM
ありがとう!!
テレビもラジオも新聞からも遠ざかっている私には、チリの地震もオリンピックも未知の話題でした!!
マラリアならんように気を付けます☆
  • まーこちん
  • 2010/03/04 1:12 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM