<< 話し言葉・書き言葉 | main | あずんぐ・何様・どちら様? >>

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


援助という名の支配

ここへ来て痛切に感じたのは、言葉の壁。
日常のコミュニケーションは、うまく話せなくても、生きていくだけなら何とかなる。


けれど生徒に教えるとなると、話は別。
彼らの日常言語はチェワ語、そしてセカンダリースクールの授業は英語で行われる。
分かりやすく話すことが第一なのだけれど、英語が分からない生徒にとっては、どれだけ易しい語彙を使われても通じない。
たった一言、私がチェワ語を知らないがために、彼らが理解する機会を奪ってしまっている気がする。

どうしてチェワ語で授業をしないのだろう。
もうイギリスの植民地でも何でもないのに、なぜ英語で授業し続けなければならないのだろう。
「英語を使いこなせるようになること」と、「概念を理解すること」では、どちらに重きが置かれているのだろう。

そんな話をフィールド調整員にしてみたところ、
「英語で授業していた方が、援助を受けやすいという実態がある」という話だった。

確かに、英語で授業をしているからこそ、私のような外国人ボランティアが現場に入れるわけである。
色々な場面で、英語を使えた方が確実にビジネスチャンスも、視野も広がる。

でもそれって、どっちを向いた考えなのだろう。
英語が出来ないばかりに、他の教科を理解する機会を奪うことにはならないんだろうか。

英語が出来ない生徒は、他の学問をする権利もないということか。

その話を同僚にもしてみた。
私がチェワ語を話せないばかりに、生徒の理解を促せないんじゃないかと。
彼の答は、「もっと英語を勉強するように生徒を励ませばいい」というものだった。
概念の理解よりも英語ありきなんだな、と知った。


私は日本で生まれて、日本で育った。
小学校から大学まで、教育はすべて日本語で受けてきた。
それが自分にとっては当たり前で、母語じゃない言語で教育を受けるなんて、考えるだけで大変そうである。
昔のお偉いさんが、日本の公用語を英語やフランス語にしないでくれて、本当に本当に良かったと心底思っている。

それがこの国ではそうも言っていられない。
同僚のひとこと
「見てごらん。英語が話せない官僚なんてこの国にはいない。
どんなに賢い頭脳を持っていたところで、英語が出来ないことには、この国では人の上に立つこともままならない。」

イギリスの支配が終わった今でも、英語はこの国を支配し続けるのだろうか。
それとも長い目で見れば、その方がこの国のためなのだろうか。

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • 20:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM