<< 援助という名の支配 | main | 天ぷらそうめん >>

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


あずんぐ・何様・どちら様?

自分の存在に矛盾を感じるときがある。
それは、「協力隊員はお金がないと要請できない」ということである。


ボランティアという名はついてはいるが、協力隊は他のNGOなどに比べれば遥かに待遇の良い身分である。
家も生活費も保証され、2年後にはまとまった積立金までついてくる。
警備員を雇い、市場の商人に「BIG CUSTOMER」と呼ばれる。
JICAボランティアならお金を持っていると、接したことのある現地の人は皆信じている。

そのお金は、日本国民の血税から来ているものなのだけれど。


基本的に家は相手国政府に用意してもらうことになっている。
つまり、家賃は相手国が払ってくれる。
引っ越しのトランスポートも配属先持ちである。
そうなると、本当に何もない、というところには、協力隊は入れないということになる。

「ボランティア」という呼称が本当にふさわしいのか、私はちょっと疑わしく思っている。
もちろん、誰かに強制されてではなく、自らの意思でやって来ているのだから、その点はボランティアに違いないのだが。


私が一番ショックだったのは、自分の家が元々は同僚の家だったこと。
うちの学校には、敷地内に教員住宅があり、大きい家が6軒と、それにクォーター(本来は使用人用らしいが、今のところ全て独身者が住んでいる)が一つずつついている。
私はクォーターの内の一つをあてがわれた。
しかしうちの学校には全部で20名以上の教師が勤めていて、教員住宅に入れなかった人は、歩いて20分くらいの街の中心部に家を借りることになる。(違うところに住んでいる人もいる)
ある生徒から、私が来る前には同僚のMr.ヤッシンがそこに住んでいたんだよ、と聞かされて、
それじゃあ結果的に私は彼を追い出してしまったんだろうかと思うと、何だかやりきれなくなった。


現場の先生をないがしろにしているとまでは言わないけれど、私はそこまでしてもらう価値のある人間なのだろうか。
安全面やその他色々な面から判断して、この家に住むことが妥当となったのだろうけれど、
大事にされればされるほど、ありがたいんだけど申し訳なく思ってしまう。

いや、この申し訳なさを原動力にして奮起しろということかもしれない。



スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • 21:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ミクシーに足跡があったから飛んできたよ!
まーこちん奮闘してるなぁ〜><
英語で授業しているまーこちんを見たいです。。すごいと思った。

でも英語わからん子もおるんやな、複雑やな。。難しい問題があるんだなぁ。

花粉症は大丈夫かな?ここ日本では桜が咲き始めてるよ。
あと、まーこちんの髪がどれくらい伸びたかも気になります(笑)。

まーこちん、これからも体には気をつけてね。
  • みやかん
  • 2010/03/27 4:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM