<< 「乙女感の喪失」 | main | 「堪忍袋の緒が切れた」 >>

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「足跡」

最近、嬉しいことが二つありました。

一つ目は、前の職場の上司からのメール。

彼女のメールには、私が作って置いてきたミシンの使い方図説が、他校の先生に褒められた、というようなことが書いてありました。


もう一つは、JICAの専門家の方から、「社会経験があるだけあって、ちゃんと周りを見て動けている」というようなお言葉をいただいたこと。



私は2年間、中学校で非常勤講師をしていたのですが、常に自信がなく、
自分の授業で生徒がどれほどのことを学んでくれているのだろうか?
自分は少しでも成長できているのだろうか?
と疑わしく思っていました。

出来る限りのことはしたつもりでも、
やっても、やらなくても、あまり変わらないんじゃないかと。


でも、振り返れば足跡が残っていて、ちゃんと前に進んでいたんだな、と。
あの2年間は決して無駄ではなく、ちゃんと身になっていたんだな、と思えて、嬉しかった。



スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • 06:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM