<< 「足跡」 | main | 頭が入れば入れちゃう >>

スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「堪忍袋の緒が切れた」

あんまり怒らないのが取り柄の私ですが、最近どうにも我慢できなかったことがありました。


4年生の卒業パーティーが7月24日にあったのですが、
その実行委員に私も入れられていました。
理由は、「パーティー料理を作るのに家庭科室を使うから」というわけで、私含め、家庭科教師3人は強制参加です。
そしてこの国では、料理をするのは女性の役目ということもあり、女性教師&スタッフも強制参加。


まぁそれはいいとして。


その委員会のミーティングに、わざわざレターで呼び出されました。

でも行ってみたら、議長はじめ皆が全部チェワ語で話していて、私は本当にかいつまんでしか理解できませんでした。
思わず「私はこの委員会に必要なのか?」と議長に食ってかかってしまいました。
議長は「当たり前だ」と言い
「それなら英語でしゃべってくれなきゃ分からない」と言ったのですが、
結局進行はチェワ語で続けられ、

そのことが無性に腹立たしくて、悲しくて、
とても疎外されている気がして
今までこんな風に感じたことなかったのに、

初めて「もう嫌だ!!」と思ってしまいました。


ただ、その中で唯一救いだったのが、
家庭科の同僚、アンドリューだけが英語で話そうとしてくれていたこと。
彼は何とか英語の流れにしようと頑張ってくれていて、それがすごく嬉しかった。


後からアンドリューに
「僕たちはマイコのこと、甘やかしすぎていたのかもしれないね」と言われ、
なるほど確かにそうかもしれない、と反省。


私はいつも家庭科室に引きこもっていて、
アンドリューとMr.チサラと3人で過ごすことが多かった。
二人は私のつたない英語を十二分に酌みとってくれて、そのせいもあってすごく居心地がよくて、
他の先生とのコミュニケーションをおろそかにしていた部分があったのは否めない。

閉じてしまっていたのは、私の方だったのかもしれない。
少しでも近づく努力を怠っていたのは、私の方。

もうちょっと、家庭科室から抜け出さないといけないと認識させられた出来事でした。


スポンサーサイト

  • 2012.06.21 Thursday
  • -
  • 07:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
腹をたてるとろくなことはありません。郷に入ったら郷に従うのが万国共通のルールです。サッカーでもゴルフでも海外で活躍する選手は必死で現地語を習得します。頑張れ!
  • toto
  • 2010/08/25 8:02 AM
その疎外感は、悲しかったね。
すごく気持ちわかります。
アンドリューはとてもいい人みたいでよかったね☆
現地語の習得はとても難しいし、必要に迫られないときっと中々前向きに学べないと思うけど少しずつの努力でもきっと相手には伝わると思う!
自分を追い込まない程度で頑張ってね☆
  • AIRIN
  • 2010/08/28 8:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM